道の駅で買ってみた秘伝豆

先日、東北の秋田へ温泉旅行に出掛けました。旅行に行くと、地元の道の駅に立ち寄るのが、楽しみの一つになっています。

山々の風景を見ながら車で移動していたところ、途中で、道の駅を発見しました。この時も、ご多分に漏れず、立ち寄ってみました。

建物の中はとても広くて、地元でとれた農産物や加工品などが、所狭しと並べられていました。やはり東北なので、山菜が多かったです。ぜんまいやワラビ、タラの芽など、買いたいものがたくさん・・。でも明日も明後日も、旅は続く予定だったので、生の山菜は買うわけにはいかず、諦めました。それで、真空パックに入った山菜の水煮をいくつか購入しました。地元でとれた葡萄のソフトクリームも堪能。とても美味しかったです。

去り難く、店内をまたもう一度一回りしていたところ、発見したのが、秘伝豆という乾燥豆です。1袋500グラムが600円で売られていました。普段、豆料理はしない私ですが、なぜかこの時は秘伝豆がとても気になって、お店の人に料理の仕方を教えてもらい、購入してみました。

旅行から家に戻って、早速、料理しました。取り敢えず、1袋すべて茹でて、小分けにして冷凍保存。ご飯と一緒に炊き込んだり、胡瓜や茗荷と一緒に和えたり、サラダに加えたり、毎日少しずつ、料理に取り家れて食べています。秘伝豆は、豆の味がとても濃くて美味しいです。

インターネットで調べたら、今は、東北まで行かなくても、ネットショップで取り扱っているようです。時々、購入して、食べたいなぁ‥と思いました。

身体に良い美味しい豆、おススメです。